【反省】2024_5月・3歳・ダート・オープン&重賞(青竜S、鳳雛S)

●青竜S
レースレベル:7位(同率4R)/11R
ペースの速さ:1位(同率2R)/11R

年月日 馬名 GS 3F
240504 6 ルディック 84 59.2 39.7
240504 4 ブシン 87 59.3 39.3
240504 8 ピコアーガイル 64 59.5 41.4
240504 1 ソニックスター 100 59.5 37.8
240504 7 チュウワキャリア 81 59.7 39.5
240504 3 ラタフォレスト 98 59.7 37.8
240504 2 ソレルビュレット 100 60.0 37.3
140518 1 ノースショアビーチ 100 60.0 37.3
200517 1 デュードヴァン 104 60.1 36.8
210516 1 ゲンパチフォルツァ 103 60.2 36.8
240504 5 セントラルヴァレー 86 60.3 38.4
170514 1 サンライズソア 100 60.9 36.4
180513 1 グリム 100 61.1 36.3
190512 1 デュープロセス 104 61.2 35.7
160515 1 グレンツェント 102 61.3 35.8
230514 1 ユティタム 100 61.4 35.9
150517 1 ノンコノユメ 106 61.9 34.8
220515 1 ハセドン 105 62.0 34.8

 

レースレベルは7位で、なおかつ2013年以降、

同じGS指数が5Rありましたので実質的には最低ランクです。

ただ、ペースが速かった点には注意です。

 

ソニックスターは残り3F地点で逃げ馬から0.3秒しか離れておらず

展開としては厳しい中での勝利でした。

前走は、同じ舞台でさらにハイペースを中団からでした。

時計としては今回の方が上ですが、どちらも位置取りとしては厳しく

向く展開になればさらに高いGS指数を出す可能性があります。

あとは今年の同世代のダート馬たちとの力関係かと思います。

 

2着ソレルビュレットは勝ち馬よりは展開が向いたと思いますが

まだ500万下に出られる身なので、自己条件なら鉄板でしょう。

オッズを考えると頭固定か、思い切ってケンするかですが。

 

ラタフォレストは前走から大幅にパフォーマンスをあげてきました。

次走も善戦は可能だと思いますが、OPだとやや頭打ちな感があります。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました